スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.06.27 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    アルファロメオ155 ヒーターホース修理

    0

      JUGEMテーマ:車/バイク

      アルファロメオ155が車検で入庫しました。

      古くからの弊社の管理ユーザー様です。

      こちらのお車、大変丁寧に乗られていて既に30数万キロの走行。

      弊社といたしましてもお客様の熱意に応えてしっかりメンテしたいと思います。

      今回車検の最中お預かりしていて、室内のヒーターバルブからの水漏れを発見しました。

      部品入手して作業の途中、エンジンルームからのヒーターホースと室内からのヒーターホースを

      バルクヘッドの部分でジョイントする樹脂製のパイプからも水漏れの跡を発見。

      ヒーターバルブからこちらのジョイントに来るホースも交換しなければなりませんが、

      案の定作業途中にジョイントが折れました。

       

      そこで、ここからが大変な作業。

      古いクルマは樹脂がパキパキ割れるのであまりやりたくありませんが、

      ダッシュパネル分解して、

       

      部品取り出して、

      部品屋さんに手配もするも、国内在庫ナシとの返答。

      仕方なく折れた樹脂パイプ撤去して、ステンのパイプ移植。

       

      完成しました。

       

      このように元通りにして、ホース取り付けて完成。

       

      文章で書くと簡単そうですが、実は手間もかかるし古い樹脂部品が「パキッ」と割れないか

      精神的にもきつい作業となります。

      しかし、無事作業完了いたしまして、アルファロメオ155をお客様のもとにお見送りいたしました。


      アルファロメオ 75 オイル漏れ修理

      0
        JUGEMテーマ:車/バイク

        アルファロメオ75のお客様、オイル漏れするとの事でお見えになりました。

        さっそく拝見いたしますと、2か所からのオイル漏れが認められました

        一つ目はパワーステアリングのポンプからと、

        二つ目は、ディストリビューターの取付部からでした。

        150319_75_2

        パワーステアリングポンプの方は交換対応。

        部品の手配ですが、ALFA75は部品の欠品が出始めて久しいので、あまり中てにしてなかったのですが、

        パワーステアリングポンプの問い合わせをした所、在庫有りのとの回答でしたので速攻で注文しました。

        ディストリビュータの方は、取り外そうとキャップを外したら、キャップの中でローターアームが

        粉々になっておりました。

        150319_75_3 150319_75_4

        後でお客様に伺ったところ、チョット調子が悪いかな? 程度で、このような事になっているとは

        思わなかったとの事でしたし、私もお預かりした時に気が付きませんでした。

        ツインスパークですが、シングルスパーク?? 状態でも、なんとかなっちゃうのですね。

        ・・・と云う事で、オイル漏れの方はシールをし直して完了。

        後はディストリビュータのキャップとローターアームの部品交換で完了です。

        もう一つ、お客様がサイレンサーの位置が、下に下がっているので、診てほしいととの事。

        確かに結構排気漏れしている音がします。

        それで、点検してみますと・・・

        150319_75_5

        センターパイプが、皮一枚で繋がっている状態でしたが、溶接で対処し元の型にしました。

        やはり作業後の試運転では、点火とエキゾーストの修理を実施しましたので、当たり前ですが

        エンジンのトルクが出て、乗りやすくなりました。

        新東京テクノ・内田

        ジャガー X308 ABSの警告灯及びトラクションコントロール異常の警告点灯

        0
          JUGEMテーマ:車/バイク

          ABSの警告灯及びトラクションコントロール異常の警告が点灯したので

          見て欲しいとお客様がお見えになりました。


          x308-1
           

          確認するとメーターパネル内の警告灯が点灯していますが・・・

          弊社は、ジャガーに対応するテスターが無いのでディーラー様に持込、
          状況を説明し

          テスターでの診断をお願いしたのですが、「
          あっ、それはABSユニット交換が必要で

          その他、諸々で
          50万位掛かります」・・・とテスターかけるだけ無駄よ、的な対応。


          さすがに、お客様もそこまでの修理金額は予想外で、どうしたものかと、色々情報を


          集めておりました。

          そんな時、
          横浜のJスクエア様でABSのコントロールユニットの修理が出来ると云う情報に

          辿り着き、早速問い合わせて点検をお願いすることにしました。

           

          ユニットの取り外して、宅配で送るのですが、取り外しに際して、この車種は比較的簡単に

          取り外せましたが、
          車種によってはブレーキの配管まで外さければならないクルマもあり、

          そうなると後々エア抜きが大変な事になります。


          x308-3 x308-4
           

           

          点検して頂いた結果やはりユニット内の基板のハンダが剥がれているとの事で、


          そのまま修理をお願いして、2日程で戻ってきました。(迅速な対応ありがとうございました)

           

          しかし、ユニットが修理から戻ってきて取り付後、20Km以上の速度で試運転したのですが

          警告灯に変化は無く点灯したままでした。

           

          もう一度、ディーラー様に持ち込んで今度はテスターで診てもらうと、

          左・フロントのスピードセンサーとABS
          ポンプからエラーが出ているとの事。

           

          しかし、ポンプの方のエラーは、おそらく基板のハンダ剥がれが原因のエラーの記憶が、

          そのまま残っているだけで、
          こちらはすでに修理済みですからスルーして

          怪しいのは、未対策の左・フロントのスピードセンサーの方。


          おそらくこれが原因だろうと、早速部品を手配し交換後、試運転(20Km以上のスピードで)

           
          やっぱり、これで警告灯のすべてを消灯させる事が出来ました。


          x308-2 (ABS警告点灯時の写真は撮り忘れました)スミマセン

          回は当初の予想よりも、費用を大分節約することが出来、お客様にも大変満足して頂けました。

          新東京テクノ・内田


          アルファロメオ 145 修理

          0
            JUGEMテーマ:車/バイク

            ブログの更新の暫くぶりになって、申し訳ありませんでした。

            これに懲りず、これからもよろしくお願い申し上げます。

            一頃、弊社ではかなりの台数の145のお客様がいらしたのですが、

            最近は本当に少なくなってしましました。

            そんな中久しぶりに、クラッチ・レリーズシリンダーよりオイルが漏れている

            ということで、145が入庫しました。

            145_kuni1 145_kuni2

            部品の在庫もバッチリ確保で、作業もささっと完了。

            K様は、この前期型145を少しずつ手を入れながら、大事に乗っておられます。

            弊社もお手伝い致しますので、これからも頑張ってお乗りになってください。

            新東京テクノ・内田




             

            ロータス・ヨーロッパ レストア作業

            0
              JUGEMテーマ:車/バイク
               

              弊社で只今ロータスヨーロッパのレストア作業を行っております。


              弊社メカニック・AZUMAXが時間を見つけてはコツコツと進めております。


              そんな中、ボディー廻りの再生を、ボディーショップさんに依頼していたのですが、

              先日
              戻ってまいりました。

               

              レストア作業全体としてみれば進捗の度合いは、まだまだこれからなのですが、


              仕上がってきた綺麗なボディーを見ているだけで、完成した気分になってしまいます。

               

              今回、仕上げて頂いたボディーショップ様には、かなり気合を入れて作業して頂き


              感謝しております。


              140606e5 140606e4 140606e3 140606e2 

              新東京テクノ・内田
               

              ディフェンダーにレカロ取り付け

              0
                JUGEMテーマ:車/バイク

                ランドローバー・ディフェンダーにお乗りのお客様より、レカロシートの取り付け依頼がありました。
                左右2座席とも交換で、シートはお客様が手配し、受け取りを弊社宛てに配送手配して頂き作業開始。

                dr1

                シートに加えて、三和さんから発売されている取り付けのキットを使用し問題なくビルトイン完了。

                dr2

                今回お客様が選択された、レカロシートは、一般的なスポーツシートと違って、座面がフラット(サイドサポートが殆ど無い)形状になっていて、このディフェンダーのように背の高いクルマでも乗り降りがとても「ラク」です。

                座り心地も、普通のレカロのままで申し分無いですし、上記のようにサイドサポートが殆ど無くても、お尻が落ち着かない
                という事はなく、使用用途によっては大変良い選択だと思います。

                私の通勤車にも付けたくなってしまいました。

                新東京テクノ・内田



                 

                パッド交換

                0
                  JUGEMテーマ:車/バイク

                  少し前になりますがミニクロスオーバーが入庫しましたので

                  ご紹介いたします。

                  140205ミニクロスオーバー

                  お客様より、ブレーキ回りより異音がするとの事でお預かりしました。

                  早速点検、目視で明らかにブレーキパッドが減っているのが確認できました。

                  ローターの状態も良くなかったので、交換をお勧めしました。

                  また、新車から走行2万少々なのに、キャリパーのダストブーツが切れており

                  ましたので、ブーツ交換の為キャリパーのOHも行いました。

                  新東京テクノ・内田

                   

                  ケータハム・スーパーセブン

                  0
                    JUGEMテーマ:車/バイク

                    本日ご紹介するのは、ケータハム・スーパーセブンです。

                    このクルマは、「ロードスポーツ125」というモデルで、現在新車で販売されている

                    モデルの中で基本となるモデルです。

                    複数のエンジンとサスペンション、また仕様によって素材などを使い分け数種類の

                    モデルが存在します。

                    その中でこのモデルは、ケータハムスーパーセブンのラインナップの元となるモデルで、

                    此処からエンジンや装備を変更して数々タイプに発展していくわけです。

                    しかし、ベーシックモデルだからと言って、魅力が無いわけでなくむしろ控え目な

                    普通のエンジンで軽量な車体を生かし元気よく走る、初志貫徹のようなものを感じます。

                    その軽量な車体から来る走行感覚や,ウィンドスクリーン越しに見える、サイクルフェンダー

                    と共に小刻みに,また路面を舐めるように動く動くフロントタイヤは、視覚的にも運転していて

                    楽しいクルマである事は間違いありません。

                    そんな、「スーパースポーツ125」のスーパーセブンですが、ベーシックモデルだからこそ、

                    モディファイの楽しみも残されているわけで、こちらのクルマは新車で納車させて頂いてから、

                    ほんの数千キロの走行ですが、モディファイを行う為弊社工場へ入庫されました。

                    sigma

                    こちらはモディファイ完了後の写真ですが、

                    今回は「ワイドトラック・フロントサスキット」と、ヘッドライトをオリジナルのクロームメッキを

                    施された物から、スーパーライト系の精悍なブラックで小型の物に替えて欲しいとのご依頼を頂き

                    まして交換いたしました。

                    これでケータハムのモデルラインナップ的には、フロント周りに限れば「スーパーライト200」と云う

                    事になったのでは無いでしょうか?

                    「ワイドトラック・フロントサスキット」によって、視覚的にもワイド&ロー感を幾分小型になった

                    ブラックのヘッドライトが強調するような、迫力のある外見に変化しました。

                    オーナー様は、ドライビング的には安定志向でお楽しみになりたいとの事で、アライメントは

                    キャンバーゼロとりクエスト頂きご希望通りにセットさせて頂きました。

                    さて、大分涼しくなりましたが愛車で存分にドライビングをお楽しみになってください。

                    新東京テクノ・内田


                    車検納車

                    0
                      JUGEMテーマ:車/バイク

                      車検でお預かりしておりました、アルファロメオ156GTA、本日納車です。

                      i156GTA
                      今回の車検は特に不調なところもなく通常の点検作業及び油脂類の交換で済みました。

                      こちらのお客様、オイルの銘柄はいつも「お任せ」ですので今回もASH・VFSの

                      エンジンオイルとASH・PSE・GEARのミッションオイルをチョイスいたしました。

                      こちらのオイル、スペックは他銘柄に比べて特筆したものはありませんが、ベースオイル

                      そのものに拘って作られているとの事で基本に忠実ということなのでしょう。

                      私もこれ以上説明できるほど知識はありません。

                      しかし、特にオイルにご指名がない方にはコチラを薦めしておりますが、後日お客様との

                      お話の中で、燃費が良くなったとか、エンジンのレスポンスが良くなったとか、表現は抽象的ですが

                      リピートされるお客様は多いです。

                      新東京テクノ・内田





                       

                      ランチア・デルタ・EVO2

                      0
                        JUGEMテーマ:車/バイク

                        デルタ・エボ2が入庫いたしました。

                        新車からの年数もそれなりに経過し、程度の良い個体も少なくなってきた中、

                        このエボ2は良いコンディションを維持されている1台だと思います。

                        そんな、H様のデルタは、ドライブシャフトブーツ切れ及びエアコンの修理での

                        お見えになりました。

                        ドライブシャフト・ブーツ切れは片方だけだったのですが、予防整備と云う事で、

                        左右ともインナー・アウター全て交換する事となりました。


                        131012-6  

                        ブーツの交換は、ドライブシャフトをバラバラに分解して交換をすすめ、作業の

                        内容としてはドライブシャフトの脱着に加え、分解、部品の洗浄、新品グリスを

                        詰め込みながら組立と、このような流れとなります。

                        グリスを扱う作業となりますので、汚れ作業となりますが、きれいに洗浄し各部品の

                        状態を確認しながら丁寧に進めていきます。

                        131012-3 131012-5

                        エアコンの修理の方は、症状は冷えが悪いとの事なのですが、お客様のリクエストで

                        とりあえず、コルソマルケ様のクーラーコンデンサーとリキッドタンクを交換して欲しい

                        との事でした。早速、リクエストに応じ上記2点を交換しました。

                        131012-1 

                        しかしエアコンを作動させても、それだけでは冷えは改善されませんでした。

                        そこでマニホールドゲージの計測で詰まりの症状がありましたので、エキスパンション

                        バルブを交換で症状改善しきちんと冷えるようになりました。

                        新東京テクノ・内田
                         


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        25262728293031
                        << August 2019 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM