スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.19 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    パッド交換

    0
      JUGEMテーマ:車/バイク

      少し前になりますがミニクロスオーバーが入庫しましたので

      ご紹介いたします。

      140205ミニクロスオーバー

      お客様より、ブレーキ回りより異音がするとの事でお預かりしました。

      早速点検、目視で明らかにブレーキパッドが減っているのが確認できました。

      ローターの状態も良くなかったので、交換をお勧めしました。

      また、新車から走行2万少々なのに、キャリパーのダストブーツが切れており

      ましたので、ブーツ交換の為キャリパーのOHも行いました。

      新東京テクノ・内田

       

      ケータハム・スーパーセブン

      0
        JUGEMテーマ:車/バイク

        本日ご紹介するのは、ケータハム・スーパーセブンです。

        このクルマは、「ロードスポーツ125」というモデルで、現在新車で販売されている

        モデルの中で基本となるモデルです。

        複数のエンジンとサスペンション、また仕様によって素材などを使い分け数種類の

        モデルが存在します。

        その中でこのモデルは、ケータハムスーパーセブンのラインナップの元となるモデルで、

        此処からエンジンや装備を変更して数々タイプに発展していくわけです。

        しかし、ベーシックモデルだからと言って、魅力が無いわけでなくむしろ控え目な

        普通のエンジンで軽量な車体を生かし元気よく走る、初志貫徹のようなものを感じます。

        その軽量な車体から来る走行感覚や,ウィンドスクリーン越しに見える、サイクルフェンダー

        と共に小刻みに,また路面を舐めるように動く動くフロントタイヤは、視覚的にも運転していて

        楽しいクルマである事は間違いありません。

        そんな、「スーパースポーツ125」のスーパーセブンですが、ベーシックモデルだからこそ、

        モディファイの楽しみも残されているわけで、こちらのクルマは新車で納車させて頂いてから、

        ほんの数千キロの走行ですが、モディファイを行う為弊社工場へ入庫されました。

        sigma

        こちらはモディファイ完了後の写真ですが、

        今回は「ワイドトラック・フロントサスキット」と、ヘッドライトをオリジナルのクロームメッキを

        施された物から、スーパーライト系の精悍なブラックで小型の物に替えて欲しいとのご依頼を頂き

        まして交換いたしました。

        これでケータハムのモデルラインナップ的には、フロント周りに限れば「スーパーライト200」と云う

        事になったのでは無いでしょうか?

        「ワイドトラック・フロントサスキット」によって、視覚的にもワイド&ロー感を幾分小型になった

        ブラックのヘッドライトが強調するような、迫力のある外見に変化しました。

        オーナー様は、ドライビング的には安定志向でお楽しみになりたいとの事で、アライメントは

        キャンバーゼロとりクエスト頂きご希望通りにセットさせて頂きました。

        さて、大分涼しくなりましたが愛車で存分にドライビングをお楽しみになってください。

        新東京テクノ・内田


        車検納車

        0
          JUGEMテーマ:車/バイク

          車検でお預かりしておりました、アルファロメオ156GTA、本日納車です。

          i156GTA
          今回の車検は特に不調なところもなく通常の点検作業及び油脂類の交換で済みました。

          こちらのお客様、オイルの銘柄はいつも「お任せ」ですので今回もASH・VFSの

          エンジンオイルとASH・PSE・GEARのミッションオイルをチョイスいたしました。

          こちらのオイル、スペックは他銘柄に比べて特筆したものはありませんが、ベースオイル

          そのものに拘って作られているとの事で基本に忠実ということなのでしょう。

          私もこれ以上説明できるほど知識はありません。

          しかし、特にオイルにご指名がない方にはコチラを薦めしておりますが、後日お客様との

          お話の中で、燃費が良くなったとか、エンジンのレスポンスが良くなったとか、表現は抽象的ですが

          リピートされるお客様は多いです。

          新東京テクノ・内田





           

          ランチア・デルタ・EVO2

          0
            JUGEMテーマ:車/バイク

            デルタ・エボ2が入庫いたしました。

            新車からの年数もそれなりに経過し、程度の良い個体も少なくなってきた中、

            このエボ2は良いコンディションを維持されている1台だと思います。

            そんな、H様のデルタは、ドライブシャフトブーツ切れ及びエアコンの修理での

            お見えになりました。

            ドライブシャフト・ブーツ切れは片方だけだったのですが、予防整備と云う事で、

            左右ともインナー・アウター全て交換する事となりました。


            131012-6  

            ブーツの交換は、ドライブシャフトをバラバラに分解して交換をすすめ、作業の

            内容としてはドライブシャフトの脱着に加え、分解、部品の洗浄、新品グリスを

            詰め込みながら組立と、このような流れとなります。

            グリスを扱う作業となりますので、汚れ作業となりますが、きれいに洗浄し各部品の

            状態を確認しながら丁寧に進めていきます。

            131012-3 131012-5

            エアコンの修理の方は、症状は冷えが悪いとの事なのですが、お客様のリクエストで

            とりあえず、コルソマルケ様のクーラーコンデンサーとリキッドタンクを交換して欲しい

            との事でした。早速、リクエストに応じ上記2点を交換しました。

            131012-1 

            しかしエアコンを作動させても、それだけでは冷えは改善されませんでした。

            そこでマニホールドゲージの計測で詰まりの症状がありましたので、エキスパンション

            バルブを交換で症状改善しきちんと冷えるようになりました。

            新東京テクノ・内田
             

            ブリティッシュスポーツカー入庫中

            0
              JUGEMテーマ:車/バイク
               
              年代の違うブリティッシュスポーツカーが入庫しました。

              ロータスヨーロッパは検査を受けるために改善中。

              そして、アストンマーチンDB7はオルタネーターのトラブルで入庫

              しましたが、オルタネーターが国内欠品で、イギリスより空輸されるのを待っております。

              ea2 ea1 as3

              搭載されていた、オルタネーターはDENSO製なのですが、アストンマーチン向け純正部品

              という事で、国内で入手することはできません。

              高価な車はやはり部品も高価です。

              一方、ヨーロッパの方は古い車なりに苦労はあるものの、部品の入手に困ることもなく先日

              完成の後、納車させて頂きました。

              新東京テクノ・内田

              レカロ・バケットシート取り付け

              0
                JUGEMテーマ:車/バイク
                 

                本日、ご予約でおいで頂きましたO様です。

                147GTAに持込にて、レカロのバケットシートを取り付けさせて頂きました。

                130810-2 130810-1

                サイドエアバックのキャンセラーも取り付けさせて頂き、警告灯も消灯。

                いつも、「ピカピカ」きれいになっておりますので、汚さないように

                作業も慎重になります。

                本日は、有り難うございました、またのご来店お待ちしております。

                新東京テクノ・内田

                エリーゼ・2ZZ・オイルパン交換

                0
                  JUGEMテーマ:車/バイク


                  この度お客様がMOROSOのオイルパンを持込で取り付けてほしいとの事で

                  お出でになりました。

                  何の迷いもなく、現在付いている純正品を取り外し、残った液体パッキンの

                  残骸などを丁寧に落とし綺麗にしてから、液体パッキンを塗布して新しい

                  オイルパンを取り付けるという作業でした。

                  その後、オイルを給油して、しばらく試運転をさせて頂いてから

                  再度リフトアップで、入念にオイル漏れなど点検し納車させて頂きました。

                  しかし、お客様が、数日後走行会でサーキットを走ったらオイルパンから

                  オイルが漏れているとの事で、クレームを頂きました。

                  早速、リフトアップし点検してみると・・・



                  オイル漏れはスタッドボルトを伝って外部に漏れているといる感じでした。

                  さらに、オイルパンを取り外して検査しますと・・・



                  フランジ面にもオイルが流れた跡がありました。

                  そこでフランジ部分にストレートエッジを当ててみますと、フランジ部と

                  スレートエッジの間に0.45个離轡奪ネスゲージが入ってしまうほど隙間が空いていました。

                    

                  箱から出した、まさに新品の製品がこのような状態とは、思いもしませんでした。

                  どうしてこのような事になったのでしょうか?

                  オイルパンの構造を見てみると、製造工程の一番後にフランジ面とオイルパン本体とを、

                  溶接を1周りして接合しているのですが、このオイルパン、アルミ製ですので、溶接時の

                  熱で歪んでしまったのでは・・・という事による製造工程のミスだと思うのですが・・・

                  このままでは、使用不可ですので、購入した所で良品交換をお勧めしたのですが、

                  海外から通販での購入で、手続の面倒が予想されるので、このオイルパンを何とか

                  使えるようにして欲しいとの事でした。

                  そこで、多少費用はかかってしまうのですが、フランジ面を平らに面研修正加工する

                  方法を提案させて頂き、お客様の同意を頂きました。

                  さて、面研修正作業をするには、どのようにオイルパンを、固定するかがネックになります。

                  このオイルパンのような、特殊な形状では、バイスなどで固定するにしても、加工面を正確に

                  水平を出して固定する事は難しいです。

                  しかし、此処での精度は直接仕上がりに影響するので、治具を作成して対応する事になり

                  そうです。

                  作業にあたって数件の機械加工屋さん、相談申し上げたのですが、上記理由から、

                  治具の検討、製作が必要との事で金額、納期ともこちらとの希望とは程遠く

                  引き受けて頂ける所がなかなか見つかりませんでした。

                  それでも、新規にご紹介頂いた所が引き受けて頂けるとの事で早速作業を依頼いたしました。

                  出来上がった治具がこんな具合で面研修正作業をして頂きました。



                  作業のほとんどの時間は治具の製作に費やされ、面研はきちんとセットさえしてしまえば

                  呆気なく終わってしまいます。

                  こうして、仕上がって来たオイルパンは注意を払って取付、念入りに試運転・点検確認作業

                  を行いまして、納車させて頂きました。

                  加工屋さんのお話ですと、全体1伉度歪んでいたようです。

                  今回のような、アルミの加工品は加工に高度な技術が要求されるので、特に海外ものは

                  新品でも取付前に十分検品してから取り付けた方が良いと思った次第でありました。

                  新東京テクノ・内田


                  異音の原因

                  0
                    JUGEMテーマ:車/バイク


                    メルセデスW210のお客様が、エンジン始動中に下の方から

                    「カラカラ}と音がするので、診てほしいとの事でいらっしゃいました。

                    w210-1

                    運転席の座席の下のあたりから音がするとの事です。

                    早速リフトアップして点検してみます。

                    エキゾースト系のパイプがどこかに触れているのでは?とパイプを

                    手で叩いていくと確かにカラカラ・・・と音がします。

                    後ろの方から叩きながら確認していくとエキゾーストの中間に付いている

                    キャタライザー辺りから、カラカラと音が出ています。

                    w210-2

                    早速この部分を取り外して切開し中を確認してみるとキャタライザーの

                    中身(ハニカム)が粉々になっており、これがカラカラと音を立ていたのでした。

                    ・・・という事でこのキャタライザーは使い物にならないという事で、

                    部品を調べましたらなんと、この部品はエキゾーストマニホールドの

                    すぐ下からの一体物で、尚且つ途中にNO.1のキャタライザーと

                    今回のNo.2とキャタライザーが2個付いているものですから15万円と結構

                    お値段の張る部品でした。

                    お客様にご説明申し上げ、部品を取替えして、納車させて頂きました

                    テクノ・内田


                    ポルシェ 981 ケイマン オイル交換

                    0
                      JUGEMテーマ:車/バイク
                       
                      弊社お客様の、M様がポルシェ 981 ケイマンに乗り換えられまして

                      M様は、イタリアンカーを乗り継いでこられて、今回もアルファロメオ4Cも

                      検討されていたそうですが、以前よりジャーマンカーにも興味をお持ちで

                      今回、新しくなった981ケイマンを選ばれたそうです。

                      納車されたばかりの、お車のオイル交換を早速ご用命頂きました。


                      ケイマン1

                      レーシングイエローのボディーカラーは、私もすごく好みです。

                      ケイマン2

                      オイル量は、オイルスティックがないので、メーター内の

                      マルチ・ファンクションディスプレーで確認です。

                      またのおいでをお待ちしております。

                      テクノ・内田


                      F550マラネロ

                      0
                        JUGEMテーマ:車/バイク
                         
                        先日、ご紹介した、フェラーリ 550 マラネロです。

                        走行キロは15,000キロ弱なのですが、エアコンが効かないとの事で、

                        その後引き続きエアコンの修理を行っておりました。



                        各部位をチェックした結果、エアコン不良の原因はコンプレッサーと特定いたしました。

                        早速コンプレッサーを外し、メーカー名や型式を調べると、米国のアリソンと言う

                        メーカーのものでしたが、部品の見積りをお願いしますと、

                        新品、リビルトともに、国内にも本国にも在庫なしとのお返事が・・・

                        そこで、付合いのある電装屋さんに相談したところ現物修理で対応して頂けるとの

                        事で一安心。

                        預けてから、10日ほどで修理が出来上がって来ましたが、あとはコンプレッサー

                        を取り付けてガスチャージで修理完了です。

                        新東京テクノ・内田



                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << June 2019 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM